[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

PHILOSOPHY 富士御殿場蒸溜所の理念

72年、世界でも類を見ないウイスキーのプロジェクトが御殿場で始まりました。英国シーバスブラザーズ社、米国シーグラム社、そしてキリンビール。ウイスキーの蒸留技術を国境を越えて結集し、これまでの常識にとらわれない新しいウイスキーを日本からつくり出していこうという3社の思いが結実して始まり、今もその想いは受け継がれています。

1972年、世界でも類を見ない
ウイスキーのプロジェクトが御殿場で始まりました。
英国シーバスブラザーズ社、米国シーグラム社、
そしてキリンビール。
ウイスキーの蒸留技術を国境を越えて結集し、
これまでの常識にとらわれない新しいウイスキーを
日本からつくり出していこうという
3社の思いが結実して始まり、
今もその想いは受け継がれています。

設立の背景

キリンは、1972年に独自のウイスキー哲学と製法・技術をもつ米シーグラム社、
英シーバスブラザーズ社と合弁会社を興し、日本人好みの味わいを追求する日本における
蒸溜所設立へむけて、プロジェクトをスタートさせました。

キリンは、
1972年に独自のウイスキー哲学と製法・技術をもつ
米シーグラム社、英シーバスブラザーズ社と
合弁会社を興し、日本人好みの味わいを追求する
日本における蒸溜所設立へむけて、
プロジェクトをスタートさせました。

富士御殿場蒸溜所が目指すもの

「日本人好みの味わいを追求する日本における蒸溜所設立」に向けて動き出した当初から、
キリンが目指す理想のウイスキーの香味は「澄んだ味わいの中に広がる甘い樽熟香」。

それは雑味のない、まろやかですっきりとした口当たり、果物や花を連想させるほのかにフルーティな香りです。

シーグラム社、シーバス社が長い歴史の中で培ってきた先駆者のウイスキーの技術をもとに、
明確な理想を掲げ、新たなウイスキーの故郷としての歴史をスタートさせたのです。
そしてその理想は、今でも富士御殿場蒸溜所に引き継がれています。

「日本人好みの味わいを追求する日本における
蒸溜所設立に向けて動き出した当初から、
キリンが目指す理想のウイスキーの香味は
「澄んだ味わいの中に広がる甘い樽熟香」。

それは雑味のない、まろやかですっきりとした
口当たり、果物や花を連想させるほのかに
フルーティな香りです。

シーグラム社、シーバス社が長い歴史の中で
培ってきた先駆者のウイスキーの技術をもとに、
明確な理想を掲げ、新たなウイスキーの故郷としての
歴史をスタートさせたのです。
そしてその理想は、今でも
富士御殿場蒸溜所に引き継がれています。

このページを共有する

お酒に関する情報のため、
20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮ください。

PAGE TOP
PAGE TOP

先頭へジャンプ