[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

07 樽開け Broaching

ウイスキーは生きもの。仕込んだ年度や原料はもちろん、樽ごとに微妙に個性が異なり、その仕上がりは変わります。
熟成のピークを見極めて樽開けをすることは、蒸溜所の見識と腕前が問われます。

ウイスキーは生きもの。
仕込んだ年度や原料はもちろん、
樽ごとに微妙に個性が異なり、
その仕上がりは変わります。
熟成のピークを見極めて樽開けをすることは、
蒸溜所の見識と腕前が問われます。

熟成が最高潮を迎える「マチュレーションピーク」を見極め、樽を開ける。

熟成により原酒の品質は向上していきますが、その期間はやみくもに長ければ良いわけではありません。

熟成が長すぎると、木の渋み成分が出すぎて味が悪くなり、品質を低下させてしまうこともあります。
まるで生きもののようにデリケートなウイスキーですが、飲み頃というべき、円熟点があります。

熟成が最高潮を迎え、香り・味ともにバランスがとれた状態を「マチュレーションピーク」と呼びます。
マチュレーションピークに達する年数は、原酒や樽、
さらには仕込んだ年の気候や原料、庫内の場所によっても異なります。

熟成のピークを見極めて樽開けを行い、ウイスキーを蔵出しすることも、職人の腕の見せどころです。

富士御殿場蒸溜所では厳しい官能訓練を実施し、認定された職人だけが樽開けを行います。
熟成された樽の原酒を最初にテイスティングし、合格した樽の原酒だけがブレンドの工程に進むことができます。

熟成により原酒の品質は向上していきますが、
その期間はやみくもに
長ければ良いわけではありません。

熟成が長すぎると、木の渋み成分が出すぎて味が
悪くなり、品質を低下させてしまうこともあります。
まるで生きもののように
デリケートなウイスキーですが、
飲み頃というべき、円熟点があります。

熟成が最高潮を迎え、
香り・味ともにバランスがとれた状態を
「マチュレーションピーク」と呼びます。
マチュレーションピークに達する年数は、
原酒や樽、さらには仕込んだ年の気候や原料、
庫内の場所によっても異なります。

熟成のピークを見極めて樽開けを行い、
ウイスキーを蔵出しすることも、
  職人の腕の見せどころです。

富士御殿場蒸溜所では厳しい官能訓練を実施し、
認定された職人だけが樽開けを行います。
熟成された樽の原酒を最初にテイスティングし、
合格した樽の原酒だけが
ブレンドの工程に進むことができます。

NEXT
BACK
NEXT
BACK
  • TOP
  • 01 原料
  • 02 糖化
  • 03 発酵
  • 04 蒸留
  • 05 樽詰め
  • 06 熟成
  • 07 樽開け
  • 08 ブレンド
  • 09 瓶詰め

このページを共有する

お酒に関する情報のため、
20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮ください。

PAGE TOP
PAGE TOP

先頭へジャンプ