[ページの先頭です。]

ページ内を移動するためのリンクです。

03 発酵 Fermentation

糖化によりつくられた麦汁を、発酵液に変えます。
富士御殿場蒸溜所ではオリジナルの純粋培養酵母を数百種ストックし、その中から適した酵母を厳選しています。

糖化によりつくられた麦汁を、発酵液に変えます。
富士御殿場蒸溜所では
オリジナルの純粋培養酵母を数百種ストックし、
その中から適した酵母を厳選しています。

多種多様な酵母の中から、目指すウイスキーに適した酵母を厳選。

グレーン

もろみを33°Cに保たれた
ステンレス製のファーメンター (発酵タンク)で
約3日間発酵させ、アルコール分約8〜10%の発酵液を得ます。

富士御殿場蒸溜所では
様々なタイプのグレーンウイスキーをつくっていますが、
原酒のタイプごとに数百の酵母ライブラリーの中から
酵母を選び、使い分けています。

もろみを33°Cに保たれた
ステンレス製のファーメンター (発酵タンク)で
約3日間発酵させ、
アルコール分約8〜10%の発酵液を得ます。

富士御殿場蒸溜所では様々なタイプの
グレーンウイスキーをつくっていますが、
原酒のタイプごとに
数百の酵母ライブラリーの中から酵母を選び、
使い分けています。

モルト

麦汁を30°Cに保たれた
ステンレス製のファーメンター (発酵タンク)で
約3日間発酵させ、アルコール分約7%の発酵液を得ます。

酵母は、数百の酵母ライブラリーの中から、
華やかなエステル香を生成するものを厳選しています。

麦汁を30°Cに保たれた
ステンレス製のファーメンター (発酵タンク)で
約3日間発酵させ、
アルコール分約7%の発酵液を得ます。

酵母は、
数百の酵母ライブラリーの中から、
華やかなエステル香を
生成するものを厳選しています。

NEXT
BACK
NEXT
BACK
  • TOP
  • 01 原料
  • 02 糖化
  • 03 発酵
  • 04 蒸留
  • 05 樽詰め
  • 06 熟成
  • 07 樽開け
  • 08 ブレンド
  • 09 瓶詰め

このページを共有する

お酒に関する情報のため、
20歳未満の方の共有(シェア)はご遠慮ください。

PAGE TOP
PAGE TOP

先頭へジャンプ